FGノットの締め込み・すっぽ抜け防止に最強のラインブレーカー「デュアルミニスティックPLUS」

最強の釣り道具を探す

メインラインとリーダーをFGノット等のシステムで結束するも、締め込みが甘くラインがすっぽ抜ける・・・。
部屋では上手にラインシステムが組めるけど、現場ではなかなか上手に組む事ができない・・・。
ルアーを根掛かりしてしまい、毎回手でラインを掴んで痛い思いをしながら切断している・・・。

以上の経験がある人に紹介したいツールがこの「デュアルミニスティックPLUS」です。
個人的に最強の便利ツールなので1本持っておいて損はないはずです!

valleyhill デュアルミニスティックPLUSとは?

この「valleyhill デュアルミニスティックPLUS」アルミに特殊ラバーを巻いたスティック2本をコンパクトに1本に纏めた携帯に便利な棒状のラインシステム強化ツールです。
非常にシンプルな構造なので見て見ましょう。

画像のように約10cm程のアルミ製で、コンパクトで携帯性に優れているのがわかると思います。
ベスト等にも邪魔になる事なく装着できますね。
3連ゴムストッパーにはラインを挟み込んで固定、特殊ラバ―部分にはラインを巻き付けて使用し、ラインを痛めたり傷つける事なく張力をかける事が出来ます。

ミニスティックPLUSの優れている所は写真のように反時計回りに回すと、もう1本のスティックが出てきて分割が出来るセパレートタイプという所。
これにより片手に1本ずつ持ち、しっかりとラインを締め込む事が可能になるわけですね!
うーん、よく考えられていて個人的にこういうのはポイント高いです。
ネジ込み式なので無くす事もないですし、場所もとらないですしね。

2本のスティックでラインを確実に締め込む事が可能

それでは実際にミニスティックPLUSを使ってラインを締め込んでみます。
経験ある人も多いとは思いますがFGノットなどの摩擦系では増し締めが一番重要で、これが甘いとフルキャスト時に締めた部位が動く事ですっぽぬけが発生してしまいます。
ルアーロストや痛恨のバラシに繋がるのでしっかりと増し締めして下さい。

FGの編み込みが終わり、ハーフヒッチで締め込む所です。
スティックを分割し、PEラインとフロロを巻きつけてギューーッっと締め込みます。
ここの締め込みはかなり重要ですのでフルキャスト時にかかる負荷を想像しながらしっかりと締め込んで下さい。
僕はミニスティックで締め込むようになってからキャストですっぽぬける事は無くなったので効果絶大で、手だけでは絶対にここまでしっかりと締め込む事は出来ません。

ミニスティックPLUSがあればノットのすっぽ抜けが無くなります!

ラインブレーカーとして使用可能

続いて、現場での使い方としてラインブレーカーとしても使えます。
使い方は説明するまでもないですが、根掛かってしまったら、ラインをミニスティックに3〜5週ほど巻きつけてゆっくりひっぱってラインを切るだけです。
スティックが10cmあるのでラインが巻き付けやすく使いやすいです。

この時、スティックにラインを巻きつける時は重ならない様に巻きつけるのがコツで、重なると擦れる熱でPEラインが切れる事があります。

根掛かりした時、ドラグをフルロックしてリールでひっぱって切断する人もいますが、リールが歪む原因になるので辞めてくださいね。
特に太いラインを使用している人は注意が必要です。

安全に根掛りを切断することが出来ます!2つに分割出来るから友達にも貸せる!

こういう指輪(リング)タイプのラインブレーカーは持ち運び易いですが、ラインを巻く部分が細く非常に難しくて煩わしいのでラインブレーカーとしておすすめしません。

持ち運びやすいんだけどね、めっちゃ使いづらいです。

外でも簡単&確実にFGノットが組める

ミニスティックPLUSがあれば、実釣時にリーダーを結び直す必要が出た時にも活躍します。
まず、ミニスティックをTシャツ等の首元にカナビナ等で引っ掛け、画像の様にPEラインの本線をスティックに挟みこんでテンションをかけてピンと一直線に張ります。

一直線に張ったPEラインにリーダーを交互に編み込んでいくFGノットの結束方法で、ヒラメ釣りで有名なDUOの堀田光哉さんが考案した結束方法で通称「堀田式FGノット」ですね。

堀田式FGノットの特徴は、テンションを掛けながらFGノットを編み込んでいくため、風に強く、編み込みが綺麗に出来、素早く簡単で安定した強度が出せる事です。
ミニスティックPLUSで慣れると家の中だけでなく現場でも綺麗で強度のあるFGノットが作れますので、「堀田式FGノット」是非調べて見て下さい、YOUTUBE等で分かりやすい動画が出てくると思います。

一つで3役のルアーマン必須の便利ツールです!

これ一つで締め込み・切断・FGノットのサポートが出来てしまうので、それぞれいろんなアイテムを持つ必要が無い上に安上がりです。
特にラインシステムを組む時の締め込み時には非常に重宝し、すっぽ抜けが皆無になりますのでこういった道具は地味ではありますが活用していきたいですね。

またこういった棒タイプのノッターは類似商品がたくさん出ていますが、僕的に今回紹介したデュアルミニスティックPLUSがトータル面で優れていると思います。
僕が調べた中では、締め込み・切断・FGノットサポートの3役がこなせて携帯に便利なサイズなのはミニスティックPLUSだけだと思います。

デュアルミニスティックPLUSはサイズ感・コンパクトさ・2IN1・FGノットサポート機能付きの多機能で総合力が一番高い!


コメント

タイトルとURLをコピーしました