前打ちのエサ選び エサには何を使う?

前打ちの釣り方

前打ちでのエサ選びについてです。
エサにも多数種類がありますよね。
季節によってのエサ選びもとても重要です!

スポンサーリンク

前打ちで使うエサは何を使う?

前打ちではエサを使います。
様々なエサの種類があるのですが、まずはどんな物があるのか紹介しますね!

1.カニ
2.イガイ(カラス貝)
3.虫エサ(青虫等)
4.オキアミ
5.その他(スイカ等やコーン等)

大きく分けるとこの5種類になります。
それぞれ使い分けを見てみましょう!

1.カニ(岩ガニ・砂ガニ等)

36a.jpg
岩カニで釣れる魚:黒鯛・フグ・ロックフィッシュ

前打ちでクロダイ狙いとして一番よく使われるエサです。
釣り具店で買う時は岩カニという種類のカニで、大きさは親指の爪くらいの物が使われます。
画像は「岩ガニ」というカニでよく堤防とかにいるカニですね。
お店でエサとして売っていて20匹で500円くらいかな?
直接フィールドにいるカニを捕まえて使ってもOKですよ。(そのほうが理に適っていますね。)
カニは外道に強いのが特徴で、カニをエサとする魚が少ないので夏の小魚がワラワラいるときには活躍します。
黒鯛に狙いをつけて釣りたい場合はカニエサで間違い無しです。
僕の体感的には岩カニでかかる魚はフグか黒鯛がほとんどです。

2.イガイ(カラス貝)

イガイで釣れる魚:黒鯛

このエサも前打ちでは良く使われます。
現場でイガイがテトラ等にくっついているのを発見できたときは出番です。
その下にクロダイがついていることがあるので、現地で採取してもよいですしお店で購入してもよいです。
このエサもエサ取り(外道)に強いです。
イガイで魚が掛かったらほぼクロダイと思って大丈夫な程、黒鯛に的をしぼって使えます。
ただその分外道もこないので少しつまんないかも。

3.オキアミ


オキアミで釣れる魚:メジナ、メバル、アイゴ、黒鯛、その他多数

オキアミは入手が簡単で冷凍しておくこともでき使い易い万能エサです。
様々な魚を釣ることができ、もちろんクロダイも釣ることが出来ます。
なんでも釣れてしまう為に、クロダイより先に他の魚がエサをとってしまい釣りにならないこともあるので、雑魚の多い夏場はおすすめしません。
また、エサもちが悪くすぐに針からとれてしまうのも欠点ですね。
ボウズ逃れとして私もよく使うエサで初心者の人にオススメ。
生きたエサが触れない、なんでもいいから釣りたい人にはいろんな魚が釣れるので前打ちの練習用のエサとしてバッチリです!

4.青イソメ(虫エサ類)

よく釣れる魚:メジナ、カサゴ、メバル、その他多数

こちらもオキアミ同様なんでも釣れます。
前打ちではあまりつかわれませんが晩秋ではメジナがよくつれます。
オキアミよりも餌持ちが良いですが、死んでしまうと食いが落ちます。
生きエサですのでアピールが強く、食いが悪い時期等は試してみるといいですね。
外道も多いですがボウズ逃れにもなります。
クロダイ狙いではなくメジナを釣りたい時に使うと良いかも。

5.その他(スイカ等やコーン等)

番外編として、黒鯛狙いには「スイカ」や「コーン」も使われます。
なぜスイカ?コーン?って思うかもしれませんが、なんかコレで釣れるって黒鯛雑誌とかで昔流行ってたんですよ。
黒鯛は雑食性の悪食家として有名で、なんでも食べます。
といわれていますが、僕個人的には黒鯛は上から落ちてきたエサに反応する習性があるので、上から落ちてくればなんでも食ってくると思います(笑)
ケシゴムで釣れたりもするみたいですからね~。
いろいろ試してみるのも面白いかも。

前打ちで黒鯛を釣る為の季節別エサ選び

黒鯛に狙いを絞りエサを使う場合、何が一番良いでしょうか!
僕が試した結果、一番釣れる、と思うエサはベタですが

・カニ
・カラス貝

この2種類ですね。
季節別の選び方としては・・・

黒鯛は意外な物でも釣れる!

黒鯛は本当になんでも食ってきます。
やっぱりエサの基本はルアー釣りと同じくマッチザベイト。
その狙いの魚がその時食べている物を使うのが一番ですよね。
現場にいるカニ、イガイ、フナムシ等を捕食してるのは想像に容易いと思うので、現地に行って黒鯛が食べているだろうエサを想像しながら使う事により、釣果もグンッとアップするかも!
身近にあるものでいろいろ試してみると新たな発見があるかもしれませんよ~!

 

クロダイの釣り方まとめはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました