シーバスの季節別パターン 【春のバチパターン編】

シーバスの釣り方

釣り易さ★★★★☆
この時期は比較的初心者でも釣りやすい季節です。
しかし、シーバスは非常に偏食をしているのも特徴で、あるルアーにはしか反応しない、といったことが顕著にでる季節です。
有名なのがバチパターンですね。
春はこのバチパターンが最も有名な釣り方となります。

スポンサーリンク

春のシーバスの釣り方は?

冬に産卵を終えたシーバスは、エサを求めて接岸してきます。
この時期のシーバスは痩せた個体が多いのが特徴で、体力回復の為に荒食いをする為非常に釣り易い季節ともいえます。
が!季節的冬からの変わり目で寒い時期も続くので、ベイトを見つける事が重要。
春はベイトとなる生物が豊富で、バチ(ゴカイやイソメ類)やアミ(非常に小さいエビ類)等、小魚よりも食べやすい物をベイトとしていると言われています。
従って、シーバスがベイトとしている物を把握しないと全く釣れない・・・反面、ベイトさえ見つけてしまえば釣り方が絞れるので食べてる物が分かれば釣れるテクニカルなシーズンなんですね!

バチパターン 早い地域では1月~5月頃迄

この時期(地域差があります。)になるとバチと呼ばれるイソメやゴカイ類が産卵の為、海底から水面に出てきます。
これをバチ抜けといいます。
シーバスは体力を使わずに簡単に食べることが出来るので絶好のエサとなります。
海面にバチが泳いでいたり、チョボッ!等の吸い込むようなボイル音が聞こえた時はこのパターンだと言えます。

このバチパターンの特徴として、小魚を模したミノーでは反応がないということです。
食べやすいバチがいるのにわざわざ追いかけたリする小魚には積極的にアタックしてきません。
このバチパターンの時には、バチのように海面を引き波をたててユラユラと泳ぐルアーを使います。
ミノーのようなブリブリとしたアクションのルアーには全く反応がなく、使うルアーは、棒状のシンキングペンシルを使ってください。
ワーム系なんかももちろん有効。
特に細めの物が効果的で、カラーは赤やオレンジ等のイソメ類に似せた物が無難ですね!


有名なバチ抜けルアーですね。
トリプルフックx3で掛かりがいいです。
こういったバチに似せたシンキングペンシルでないと全く食ってきません。
あくまでも「バチに似せる」事を意識するのが大事です!

バチ用ルアー(シンキングペンシル)の使い方

シーバスが表層の漂っているバチを捕食している場合は、ロッドを立て、引き波がたつようににゆっくりと引いてきます。
ポイントとして、流れに逆らうように泳がすとバイトが遠のくのであくまでも自然に漂うように引いてください。
シーバスが水中のバチを捕食している時は、そのまま少し沈めたままただ巻きしていきます。
基本的にはデッドスローでかなりゆっくりと巻きます。
この時も流れには逆らわないように流してください。
キャスト後着底してリールを巻かず流れにまかせているだけでヒットしてくることもあるように、自然に流れるバチを演出できるように意識して引いてみて下さい。
このようにベイトが魚の時とはルアーのアクション、使い方が全く違うので頭に入れて下さいね。

春=バチパターンってわけでは無い!

最後に、春の有名な釣り方がバチパターンです。
ルアーって基本魚を模してるんですけど、この季節だけ虫系を模した、特徴的な釣り方なのでバチパターンのインパクトから春=バチ!って思っちゃう人も多いです。
でも実際は僕の釣り場ではバチ抜けに出くわすシーンはあまりありません。
あくまでも春=バチパターンの可能性がある!と思うといいと思います。

春は比較的シーバス自体は餌を求めてるので釣りやすいのですが、如何せん何を食ってるかが分かりにくい季節でもあるので、それを見極めないと釣れない季節です。
バチに限らず、シーバスが何を食べてるのか?が大事ですね!
その為釣れる人と釣れない人と釣果の差がハッキリ出るため非常に腕の差がでる面白い季節です!
僕のホームの浜名湖では2月くらいからバチ抜けが見られます。
ボラの子供のハクもたくさんいますので、ベイトが何なのかを探りながら狙ってみて下さい!

シーバスの釣り方まとめはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました