寒さに負けるな!最強の防寒フィッシンググローブを探せ!

シーバス道具

寒い寒い!この季節は寒いですね~!
毎年寒くても釣りにはいっちゃうギョギョライターです。
指先から来る冷え・・・これは体力奪われますよね。
今回は、そんなアングラーの手を守るフィッシンググローブにピックアップ!


148a.jpg

フィッシンググローブは釣り専用の手袋。

フィッシンググローブ。釣り用の手袋。
この手袋をするには様々な理由がある。

1.手の保護

釣った魚に触る時、うろこやヒレのトゲでケガをしないように。
素手で触るとほんと簡単に手が切れますからね。

2.操作性の向上

グリップ力を高めたり、疲労感を軽減。

3.防寒対策

寒い季節では手がかじかんで釣りどころではない。
指先から冷えて体力を奪われるため、釣りはいかにストレスフリーに集中出来るか?は結果として釣果に直結するほど大事な部分。

今回は上記の中でも防寒対策に重きをおいて記事にしてみたいと思う。

148b.jpg
今回のフィッシンググローブ探しに至って求められる性能は2つ。

防寒性能
操作性の良さ

である!!
防寒性能に関して説明不要であろう。
操作性の良さ、とは防寒性能を求めるとどうしても5本指のフルカバータイプを選択せざるを得ない。


するとどうだろうか?
当然、指が手袋に覆われている為に、ルアー交換やラインシステムの構成の際にどうしても手袋の厚み分だけ作業がし辛くなってしまう。

=可能な限り手にフィットする薄いタイプが必須の条件。

そしてもう一つ。
フィッシンググローブの素材である。

フィッシンググローブの素材

素材に関しては主に2つ。

ネオプレーン
チタニウム(タイタニウム)

この二つである。
ネオプレーンは聞いたこともあるひとも多いと思うが、現在グローブの主流の素材の一つで、ウェーダーやサーファーのウェットスーツにも使われる素材。
気泡の密度が高く熱伝導率が低い為、保温性に優れている。そして柔軟性も高いのが特徴。
チタニウムは高性能な素材で、最近よくチタン鍋やタンブラーなど耳にする事も増えてきたのではないかな?
こちらも熱伝導率が低く、そのチタンを繊維に織り込んだ物がチタングローブである。
チタン鍋を持っている人は分かるとおもうが、とても軽量な事も特徴の一つ。
タイタニウムも要はチタニウムと同じ様なものでチタン合金フィルムをクロロプレン素材にサンドしたもの。
上記から現時点で最高の素材、チタニウム(タイタニウム)を選択するのが間違いないだろう。


上記のタイタニューム製の物であればよっぽど問題はないです。
一つ僕の意見としては、5本指(フルカバータイプ)のグローブにすること。
このリバレイのタイタニュームグローブはフィット感も良いですしフルカバーでおすすめ。
操作性を求めると3本指カットタイプにしがちだが、やはりこの時期は寒い!
でも操作性が・・・作業がやりづらいぢゃん・・・ってなりますよね。
そこで僕のオススメの方法があるので是非お試しあれ。

IMG_2101.jpg
わかるかな?
使う指の部分をハサミで切り込み入れちゃうの。
切り方が雑なのはご愛敬。
ちょっと切り込みを入れる事に抵抗がある人は微妙かもしれませんが、どうせ消耗品なので割り切って(笑)

IMG_2105.jpg
作業する時にはこの様に切り込みから指を出せば、ルアー交換も楽ちんですね。
寒さも防げるし、作業性も損なわないのでオススメですです。
これでも寒い!っていう人には、インナーグローブをするか、手袋の中にカイロを入れるのもありですね。
以上です!いかがでしたでしょうか?
寒さでお困りのアングラーのあなたの参考になれば幸いです^v^

コメント

タイトルとURLをコピーしました